商品を検索:


宿泊施設を検索:(例:東京 観光)


プレゼント

プレゼント その3 母二人

母二人
私の母と家内の母

ふたりとも一緒に住んでいる
そう 家内との4人暮らし

 【送料無料】【誕生日】プレゼントにカーネーションのブーケ・花束(黄色系)FL-MD-808
 【超早割&ポイント10倍】昨年は6,635人へ!【送料無料】母の日選べるカーネーション&スイーツ...


ふたりにプレゼントは難しい
性格 趣味がまったく違うために同じものは考えにくい

かといって
違うものにした場合
・・・想像がつこうというもの

感謝の気持ちを表すのにあれこれ迷うことはないのだが
家内と私で意見が違うのだから
貰った時のことをつい考えてしまう

例えば私の母は花が好きだから花
家内の母は社交的だから洋服

これで家内との意見がどうしても合わない
家内は同じもものにしようと主張している
趣味が違うのだからと言っても聞き入れない

もう少し暖かくなったらゴルフへ行って
勝った方でプレゼントを決めることにした

何とも違うような気がする

 

母の日 プレゼント その2

プレゼントは花に限ったことではない

          

母親に感謝を込めるという意味では
身につけるものなどもたくさん贈られている
あるサイトのプレゼントランキングをみると

 1位: 花束
 2位: ブラウス
 3位: セーター
 4位: 鉢植え
 5位: パジャマ
 6位: 肌着
 7位: アクセサリー
 8位: 現金
 9位: カーディガン
10位: 財布

となっている

私の場合は物を贈るよりも
温泉旅行とかを贈りたい

また一緒に外食に出かけるのも
喜ばれるのではないかと思っている

感謝の気持ちに 限定のフィルターをかけることはない
自分なりの感謝の気持ちを表す
これが一番ではないか

 

母の日のプレゼント

母の日のプレゼントといえば
昔からカーネーションとなっているが・・・

カーネーションはキリストが十字架に架けられた時
悲しんだ聖母マリアの流した涙の跡に
咲いた花であるという言い伝えがある
また カーネーションの真ん中か赤くなっているのは
キリストの飛び散った血がついたとも言われている

それらの言い伝えがそのまま母の日の
習慣になったとは考えにくい

アメリカでアン・ジャービスという女性が亡くなって
その死を悼んだ娘が協会で追悼会を催し
その折に白いカーネーションを贈ったという
戦後 アメリカ文化がどんどん入ってきた時期と
あわせればこの習慣が日本に導入されたと
考える方が自然だろう

今では カーネーションだけでなく
バラやチューリップ ガーベラなども贈っている

 

水友 インターネット支店



  • seo


  • ライブドアブログ
商材を検索:(例:FX)





SEO対策済みテンプレート
TOPへ